まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

二世帯住宅で水道料金を分けられないか!?

 相模原市大野台のお客様で、「息子家族と二世帯で住んでいるのだが、各種料金をきちんと分けたい。水道料金も然りで、世帯ごとに分ける事は出来ないか?」という、お問合せでした。

 もちろん、水道メーターを2つ付ける事は、スペースがあれば可能です。厄介なのが、水道の配管。きちんと世帯ごとに分けた配管をしてあれば、比較的簡単に水道メーターを分けることが出来ます。もともと将来を見越して配管されていると良いのですが・・。

 現場調査に行くと、水道の配管は改造に改造を加えた配管で、もともと一世帯だった家を増築して二世帯にしています。かなり入り組んだ配管をしていたので、お客様と相談して、生かせる部分は生かして、新規に配管をし直すことにしました。

 「なるべく安く!」というご要望でしたので、大工工事などの不要な露出配管で、施工しました。
道路から引き込み管を20mmから25mmに増径し、水道メーターを車庫に2つ並べて設置しました。工事は延べ4日ほど掛かりましたが、うまく分けることが出来ました。

 水道料金が別々になると、自動的に下水道料金も分けられて水道局より請求が来ます。年間の金額に換算すると、かなりの額になるであろう金額を今まで親御さんが負担されていました。工事代も数年でペイできますね。

 旦那さんが、将来自分たちが亡くなった時には、母屋の方に息子さん夫婦が住んで、増築した方は、誰かに貸せるように、と色々考えておられるようです。ちょっと寂しそうでしたが・・・。
[PR]
by 7548181 | 2006-06-12 20:13 | 工事日記