まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

私の名前の所以について

「『重い』に『憲法の憲?』重い憲法って17条の憲法かよ~!」と突っ込まれたので、私の名前の云われなんぞご紹介を・・


私は、小池家の長男として生まれました。私の父も長男でしたので、実家の農家を継がねばならぬところを、私の母と姑のおばあちゃんとの折り合いが悪く、実家を出てきてしまっていました。

私の父は、私が生まれた時にたいそう喜び「これで、新しい小池家の跡取りができた!新しい小池家の幹になる子だ。そうだ!名前は幹雄(男?夫?)にしよう!」となったそうです。でも、心のどこかで親父は自分の名前の一文字を入れたいような気もして、悩んでいた時期。

そんな悩みを、産科の先生にしたところ、「実家から分かれているのなら、『幹』という字は、左右別れるからよくないな。もう一つの名前はどうしたいんだ?おじいさん(重慶)の『重』とお父さん(靖憲)の『憲』で『重憲』?いいじゃないか~!そちらにしなさい。この子はきっと実家との橋渡しになるよ」と言われて、「重憲」に決定。

両親が亡くなった今では、どちらかに慶弔事があると私の出番。今年の年賀状に叔父さんが「小池重慶様」と間違えてきたけど、橋渡しになっているのは間違いない。

今では、「重憲」という名前に満足しています。両親と、その時の先生にありがとうを伝えたい。

年末に偶然見つけた私の出生届。まだ、名前が空欄だったのにはわけがある。
a0050689_17484770.jpg


ひょっとしたら、今頃「ミッキー!」なんて、呼ばれてたかもね(笑)
[PR]
by 7548181 | 2014-01-05 17:48 | 徒然草・・