まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

県立相模原公園の不明漏水

 相模原市南区にある「県立相模原公園」で、「水道料金が去年の夏からおよそ3倍に膨れ上がっている」とご連絡を頂きました。早速現地にヒアリングに伺いましたが、使用水量を見ると明らかに増えています。例年、夏を過ぎたころから激減するようですが、去年の秋以降どんどんと増え続けています。

 県立相模原公園は、相模原市立の相模原公園と隣接していますが、広大な敷地です。園内で特に湿気やぬかるみなど気になるところはないといいます。

 こうなると時間をかけて、一つずつ調査をしていくことになります。

 まずは、水栓に音調棒を当てて、水の動きを聞き取ります。それで有る程度範囲が確定出来れば、地面に水道管の埋設されている1m程度の深さまで音調棒を差し入れ、少しずつ範囲を狭めて行く方法をとります。

 これで駄目なら、ブロックごとに水圧をかけて耐圧出来るかどうかを調べて行きますが、面積も広いのでこの作業にはかなりの費用も発生します。


 少し時間がかかりますが、なんとか特定して行かなくてはなりません。
 
[PR]
by 7548181 | 2010-08-11 19:02 | 工事日記