まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

神奈川県管工事組合の災害時応急復旧工事等実務者研修に漏水探査の担当者として、お手伝いして来ました。

2日間延90人の神奈川県県水道局エリア内の水道工事店の職人さんたちが、改めて災害時にどうするのかを学ぶ訓練です。

日頃から慣れた作業から、普段はあまりやらない作業、そして将来必要な技術を学びました。

当然、小池設備からも受講者として2名参加いたしました。

a0050689_06500905.jpg

最初は、水道管の凍結止水工法。

凍結には、液体窒素を利用する事が多かったのですが、施工する際は掘削穴でする事が多く、穴の中に窒素が滞留すると酸素欠乏の恐れがありました。

そこで、出て来た液体空気。

空気を圧縮して液化したもので、安価で比較的取り扱いもしやすいものです。デメリットは、肌に触れると低温やけどを起こす事、火気厳禁である事です。

a0050689_06542666.jpg

次の作業は、サドル式分水栓が外れてしまった場合の復旧訓練です。

2人の息が合わず、少し失敗してしまいましたが、訓練だからこそ許される失敗かな、と思いました。

a0050689_06563246.jpg

次は、ヤノジョイントを利用した配水管の止水訓練。

200ミリの配水管のヤノジョイントをする機会は、まだまだ配管見習いの2人に経験できるものではありませんが、2人でボルトの締まり具合を確認しながら、締め上げて止水する事が出来ました。

a0050689_06590874.jpg

そして最後は、漏水探査訓練です。管種による音の違い、聞き分けを行いました。これも、普段は親方の仕事ですので、なかなか現場でやらせてもらうことはありませんし、いちいち教えている時間もなかなか取れません。

それぞれが、良い経験になったと思います。

a0050689_07012399.jpg

最後に余った液体空気で、バナナを凍らせてみました。昔、「マイナス40度の世界は、バナナで釘が打てる」って、CM有りましたよね?懐かしい。。

釘は、忘れて打っていませんが、ホントに打てるくらいカチカチに凍らした^_^

[PR]
by 7548181 | 2017-06-24 06:44 | 工事日記

組織運営姿勢

組織運営姿勢

夢を語れる安全な場を創り、互いの夢を応援できる環境を整える

「何のために働いているの?」と聞くと必ず返ってくる言葉は、

「家族のため」「生活のため」という。

ホント?

「じゃ、あなたの夢は?」と聞くと

「夢なんてない。」という人がいます。

「日々の生活で精一杯」と続きます。

本当でしょうか。

あるスタッフはこう言いました「夢なんてないです。幸せに家族で暮らすことができれば・・」

夢、ありますよね。家族と幸せに暮らすという夢が。

夢はあるかないか?ではなく、意識できているかどうか。

生まれたばかりの赤ん坊は無意識に、「生きたい」と願います。

でも、自分では何もできない。だからこそ、全身を使って表現します。

「自分はこうしたい」と、時に笑い、時に泣き、時に寝て。

誰もが夢を叶えたいと思っています。

死ぬ間際、あなたは誰かに会いたい、抱きしめてもらいたい、楽になりたいと願うでしょう。それを叶えたいと思うのも「夢」です。

人間は本質的に幸せを追求する生き物です。

幸せになりたいから、辛いことも哀しいことも、頑張ることができます。

夢を叶えるのは、簡単です。

夢という目的地を定め、そのためにどんな道筋をたどればいいのかを知り、

そしてそのために今何をするべきなのかを実践するだけで夢は叶います。

でも、多くの人がそれをしない。

やってみたい!と切望するふりを続けながらも、やり方がわからないという。

やり方がわかっても、今の自分では無理だ、いつかきっと、もうすでにチャンスは過ぎてしまった、自分には向いていない。様々な理由を持ち出し、自分をあきらめ、夢を諦めます。その時、自分自身は悲劇の主人公です。

幸せな場所にたどり着けます。自分は悪くない。世間が悪い、タイミングが悪い、誰も教えてくれなかった、あいつのせい、こいつのせい。やらない理由を見つければ見つけるほど、自分は幸せになります。なぜって自分は悪くないから。

そして、自分の夢とは正反対の道に踏み出します。

「健康でありたい」と願いながら、身体に良くないとされるものを食べ、惰眠をむさぼり、栄養のバランスに気を配らず、階段ではなくエスカレーターを選択します。

人はいつでも夢を叶えることができるのに、それをしない。

夢を叶える!と心に誓うことができない。心に誓ったとしても、それを忘れてしまう。

そしてつぶやきます。どうせ自分なんて。。

こんなアンケート結果がありました。アメリカの90歳以上のご老人に問いかけたものです。

90年の人生を振り返って今唯一後悔していることは何ですか?」

それに答えた90%以上の人が

「もっと冒険しておけばよかった」と答えたそうです。

私は「冒険」=「夢を叶えること。そして、その過程」だと思います。

私は、私たちと関係する全てのヒトにそんな人生を送って欲しくない。

自分の一度きりの人生を精一杯愉しんで冒険をし続けて欲しい。

そのための仕事、働くという行為であってほしいと思います。

あなたの夢はきっとあります。もしかしたら、これまでの人生で否定され、失敗し、心の奥底にしまい込んで諦めてしまったのかもしれません。

でも、そんなしまい込んでしまった夢をもう一度見つめなおしてみませんか?

もしくは、新しい夢を見つけてみましょう。

私はその人の可能性を否定しあう組織ではなく、みんなの夢をみんなで応援できる組織にしたい。人の可能性は無限です。自分の可能性を一番信じられていないのはあなた自身かもしれない。

お互いにお互いの価値観を認め、お互いの可能性を応援する。そんな組織で、私は働きたい。


[PR]
by 7548181 | 2017-06-20 11:01 | 経営日記