まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

電話・・・

 弊社が初めて電話を引いた時のこと、いまでこそ電話は代表番号を含め、たくさんの電話を引いていますが、当時は0427-54-8035。これが、小池設備の代表番号でした。

 開業当時は、取りあえず自宅の電話を兼用したようです。しかし、「会社という形態をとるのならば、電話が自宅と一緒ではカッコが付かない・・」先代の創業社長は、”カッコ”を大切にする方でしたし、創業期も創業期、まだおぎゃーと産声も上げていないような時期でしたので、経営の判断は必要か不要か?より、「ふつう会社って言ったらこれが必要だよな?」というのが判断基準だったのです。

 当時は、電話を引くのに権利金が必要で、それは40期を迎えた今でも会社の資産として、帳簿にも残っています。いまでは、資産価値などないに等しいのですけどね・・。

 いよいよ、電話線の工事が終わり、電話は通じたものの、、、こちらからかける専用電話のようなものだったようです。それはそうですよね。何の広告をするでもなく、会社の看板が店の前に掲げられているだけ・・


 待てど暮らせど、電話が鳴ることもなく、3か月後に初めてかかってきた電話は思わず、ベルが鳴ってもしばらくは何の音か、気が付かなかったほど。

 その時に電話を受けた母親は、晩年でもその喜びを忘れないと、言っていました。


 今では、小池設備で電話の鳴らない日はありません。時には今の仕事が忙しくて、電話が鳴るとうんざりすることもあります。しかし、「初めての電話」の気持ちを思えば、どんな電話も大切な電話であることを気づかせてくれます。
[PR]
by 7548181 | 2012-08-23 09:37 | 創業日記