まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー

<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

御縁

 最近不思議なことがよく起こります。不思議なことと言っても、ものが勝手に動いたり、見えないものが見えたりすることではありません。

 車で市内を走っていて、「あーこんなところも宅地造成かぁ・・」とか、「ここで始まる現場、うちでも仕事になったらいいなぁ・・」などと考えていたことが、現実になるのです。

 先日も、市内の土木業者の方から「水道屋さんを探しているそうなんだけど」とお電話をいただいたり、その現場の監督様がその昔小池設備でご自宅を建てる際にお世話になっており、「小池さんの会社の近くで現場が出たのでやってみない?」などとご連絡いただいたり。

 まわりまわって、私が昔修行に出ていた先の先輩から「小池の会社の近くだからうちに声がかかったけど、そっちで現場はやってよ!」とお話しいただいたり。

 「あそこの現場やりたいんですよね・・・」なんて何の気なしに先輩に話したら、「じゃぁ俺の知り合いのゼネコンに話しといてやるよ!」「え!?お知り合いがいるんですか?」といった具合です。

 ここ1,2ヶ月でそんな声をたくさん掛けていただきました。

 これも、何かの「御縁」だと思います。

 大切な「御縁」をしっかり生かして、もっといい「御縁」にできるように頑張ります!!
[PR]
by 7548181 | 2009-01-29 20:58 | 経営日記

経営計画発表会

 先ほど、相模大野のセンチュリーで行われたお取引き先の「株式会社ガウディ」様の経営計画発表会へ参加いたしました。

 ガウディの伊藤社長から、2008年度の業況報告と、2009年度新体制の組織、新規事業への取り組み、スローガンなどを力強く、そしてわかりやすくお話しいただけました。

 考えてられていることは、私もまったく同感で、同じく御取引き先様の相陽建設株式会社様の社長ともまったく同じような考え方で共感することができました。

 お客様を「ワクワク」させる家づくり。「家づくりはエンターティメント!」ITも積極的にお取り入れされているようで、小池設備でもたくさんの刺激を頂いてきました!

 賀詞交歓会最後に専務より、「気がついて行動するかどうか!?が大切」とのお言葉に、身が引き締まる思いです。

 スタッフの方々も、明るい素敵な方ばかりで、今後のガウディー様の成長が大変楽しみです!
[PR]
by 7548181 | 2009-01-27 21:29 | 経営日記
昨夜、遅くまで紛糾(?)いたしました
「相模原市行政区割等審議会」ですが、
市長への答申の方向が決まりましたので
お知らせいたします。


A区(津久井方面)
・緑区

B区(市役所付近)
・中央区

C区(相模大野方面)
・南区

最後までA区については北区、B区については桜区、
C区については光区の意見と分かれておりました。

主な主張点は、「市民の意思の投票を尊重すべき」
「方角では夢がない」「50年先も緑があるかわからない」
「さくらはどこでも咲いている」「4位の光区を推薦する理由付けがない」
など本当に様々な議論が噴出しました。

ただ、市内各団体からの出向者が多い中、
一般からの公募の女性の方から
「私はさがみはらに夢を持ちたいんです!」
という趣旨でおっしゃった言葉が耳に残っております。

これから行政側としては、一気に政令市に向けてアクセルを踏み込むと思います。
大きく変わる「さがみはら」で時代の傍観者ではなく、参画させていただけた
青年会議所の機会に感謝します!
[PR]
by 7548181 | 2009-01-26 23:01 | プライベート日記
 個人情報取扱業務登録済証(いわゆるPマーク)を小池設備は取得済みです。平成8年からですので、すでに12年前ですね。

 小池設備は、お客様の財産でもある建物の図面などを取り扱いますので、Pマークの取得は不可欠です。本社玄関のところに掲示してありますので、小池設備をお尋ねの時は、ぜひチェックしてみてください。

a0050689_14542874.jpg

[PR]
by 7548181 | 2009-01-23 20:49 | 経営日記

相模原で大地震発生!?

 神奈川県企業庁水道局相模原南営業所主催で、相模原市管工事設備共同組合協力の災害訓練に参加いたしました。阪神淡路の震災の教訓を受けて、被災後に水道局と協力して管内の主要送水管の管路を班を分けて、被災状況の確認を致しました。
a0050689_872881.jpg

↑出発前のミーティングの様子

 私は、相模原市の災害ボランティアネットワークにも参加させていただいておりますので(最近では時間がなくてあまり行けませんが・・)、こういった訓練は勉強になります。

 たとえば、被災後の道路の通行可能状況などの問い合わせは、国道を管理する国道管理事務所、県道を管理する相模原土木事務所、市道を管理する相模原市道路管理課などに問い合わせるのが常道ですが、一番情報が集まっているのは所轄の警察署だそうです。

 一度に、国道・県道の情報も、市道の情報も集まるそうです。

 また、相模原市は谷が原配水地からの給水を受けていますが、谷が原自体はあまり高所にあるわけでないので、途中淵野辺ポンプ場で加圧しています。そのポンプが停電などでストップしてしまうと、配水地に近い相模原市北部地域は多少水が出る可能性もあるが、南部地域は非常に厳しいのではないか?との見解でした。

 ということは、災害時の対応としては、被災後なるべく迅速に給水車等による水の供給の準備をしておくことが望ましいことになります。

 訓練はそんなことを考える、いいきっかけにもなりますね。
[PR]
by 7548181 | 2009-01-21 21:28 | 工事日記

受水槽が傾く!?

a0050689_7445512.jpg


 この写真をよく見てみてください。扉の直角に対して、受水槽が傾いているのがわかりますか?

 相模原駅周辺のとある建物の給水タンク受水槽です。9階建ての建物ですが、受水槽の基礎ごと、地盤の沈下により斜めになってしまっています。その結果どうしてしまったかというと、給水の配管が建物に固定されていますので、受水槽が沈み、給水管と受水槽の接続箇所にひびが入ってしまいました。 

a0050689_74906.jpg

↑受水槽の中の水を高架水槽へ強制的に送り、中に入ってみるとひびが入っています。

 こうなってしまうと、基本的には受水槽本体をきちんとまっすぐにしなくてはなりませんが、それなりに費用もかかってしまいます。安価な御提案としては、受水槽のパネルを一枚交換するか、FRP補修材で補修するしかないと思います。当然配管も斜めになってしまいますので、修正いたします。

 概算でお話をさせていただいたところ、今回はFRPの補修で様子を見てみて、時期を見てパネル交換するということになりました。
[PR]
by 7548181 | 2009-01-19 21:44 | 工事日記
 藤沢に住む、大学時代のサーフィン部の後輩と青年会議所の賀詞交歓会で会うことができました。

 去年もちらっと会ったのですが、向こうも忙しくあいさつ程度しかすることができませんでしたが、今年は懇親会の最中、いろいろな話をすることができましたし、当時の先輩やら後輩は最近どうしているという話題で盛り上がりました。みな頑張っているようです。

  大学生の頃は、まさかこんな日が来るとは思っていませんでした。お互いに歳を重ね、家族を持ち、仕事に一生懸命です。彼も社会人になって地元藤沢で一生懸命に頑張っている様子で、うれしい限りです。
[PR]
by 7548181 | 2009-01-16 23:32 | プライベート日記

のぞき見?

 食品工場で、排水管の調査を致しました。最近の管内スコープの機能の向上には目を見張るものがあります。
a0050689_756584.jpg


 この機械はビデオの撮影もでき、ちょっと前まで主流の管内スコープでしたが、いまではもっと手軽に配管内を覗くことができます。
a0050689_758011.jpg


 まさに、片手で操作できて、液晶もカラー。ビデオ等には録画機能はありませんが、モニタの写真を撮ってお客様へご提出すると、説得力もあります。

 口もとのLED照明は調節ができて、非常に見やすいです。配管内部だけではなく、天井裏も1cmほどの隙間があれば入っていけますので、天井の照明器具を外して天井内を点検したりするのにも大変重宝致します。

 普段なかなか見れない個所ですので、お客様も立ち会われると興味津津です。
[PR]
by 7548181 | 2009-01-15 19:54 | 工事日記

責任重大

 今日は、神奈川県域の「排水設備責任技術者」の更新講習会に出席しました。

 5年に一度、責任技術者を更新する際には、受講が義務付けられています。
a0050689_9252027.jpg

↑会場の様子

 排水設備を施工するに当たっては、一般的な技術上の知識だけでなく、様々な地域のそれぞれの事情も考慮せねばなりません。

 たとえば、雨水の排水方式を宅地内浸透式にしている地域と、汚水合流地域と、分流方式の地域では、配管の口径・管種から経路など全く違いが出てきてしまいます。

 それらを総合的に判断し、施工するための制度ですので、5年に一度の更新講習会もおろそかにできません。
[PR]
by 7548181 | 2009-01-14 21:23 | 工事日記

大人の時間工房

 突然ですが、私には千葉県鴨川市に兄貴がいます!、鴨川市役所ほど近いところで、新築の家をご購入されたと聞き、はや一年も経ってしまいました。せっかくですので、1月の連休を利用して家族で鴨川へ遊びに行ってきました。

 新築の家はやっぱりいいもので、60坪ほどのお宅は、うちとは比べ物にならないほど収納も多くて、ゆったりとした間取りで、日当たりも良く、素敵なお宅でした。

 お昼ごはんは、すぐ近くのレストランに行くことにしました。「地元じゃ結構有名」と言われるそのお店の名前は、「イタリアンレストランキッズ」。まぁ、正直それほどのものは期待しておりませんでした。私は基本的においしいものを食べるには時間がかかることを経験的に知っています。それがお兄さんの家から歩いてたった3分ほどの場所で、これほど素敵なお店があったとは!

 私が気に入った点は、まず「地元鴨川を愛しています!」と言った『気』がビンビン伝わってくること!

 入口に並べられた鴨川のパンフレットの数々・・。そして、店内にも多くある鴨川のお土産。そしてお土産物も、一般のお土産物屋さんとはちょっと違った雰囲気のおしゃれなものが目を引きます。

 当然お店で利用しているバージンオイルなどもあります。

 メニューにも、その食材に対する思いや、食事そのものに関する考え方が記載されていて、なんだかずいぶんと大切にしてもらっているような気がします。

 お食事も、おいしく頂けましたが、お店のスタッフの方もよく気がついてくれ、未就学児が3人もいて、大変お騒がせしたにもかかわらず、子供の素朴な質問にも丁寧に答えてくれていました。

 お会計の際に、レジ脇には額に入った古い1000円札が・・。よく見ると、「当店をご利用になられた最初のお客様から頂いた1000円札です」のコメント。大変勉強になりました。

 
a0050689_8391719.jpg


 鴨川お訪れる際は、ぜひ!お勧めですよ!

 と、閉めようと思い、参考までにイタリアンレストランキッズさんのHPを検索してみて、そのコンセプトや思いにまたびっくり!しっかりと読み込んでしまいました。素敵な経営者の方に出会え、勉強になります。また、ぜひ伺います。
[PR]
by 7548181 | 2009-01-11 22:19 | プライベート日記