まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 今日は、毎年恒例になりました「相模原市防災訓練」に参加致しました。

 今年の私の役割は、給水車にて神奈川県企業庁相模原水道営業所より水を汲んで、防災訓練の会場へ運び、非難されてきた市民の皆さんに水を配布する仕事です。

a0050689_19322674.jpg

↑給水車は、ダンプの荷台に給水タンクを積みこみました。

 水道局での飲料水の汲み入れは、ものの10分程度で汲むことができました。
給水タンクは、車の動作に1テンポ遅れて荷台を揺らすので、案外運転しづらいものでした。

a0050689_1935245.jpg

↑防災訓練会場上空では、ヘリコプターが飛び、物々しい雰囲気です。

a0050689_1948676.jpg

↑会場では、仮に配管した配水管が勢いよく噴き出しています。

a0050689_19352348.jpg

↑必死に漏水を修理する相模原市管工事協会の皆さん。今年は、私にこの役は回ってきませんでした。

 災いは防ぐことはできません。だからこそ、日頃の訓練で「減災」を!!訓練に参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。
[PR]
by 7548181 | 2008-08-31 19:29 | プライベート日記
 相模原市の田名のお客さまで、古い井戸を「もう使わないし、駐車場の邪魔になるから廃止したい」というお客様からのお問い合わせで、現場調査に伺いました。

 井戸は、直径1m深さは12mくらいのもので、上から覗き込むと、下の方に水を湛えています。災害時のことを考えると、井戸はあった方がいいと思うのですが、お客様としては撤去を求めていますので、撤去の方向で話を進めるつもりです。

 昔から、井戸には神様が住んでいるといわれ、埋め戻しの際には、お祓いをしてもらい、井戸の神様が窒息してしまわないように、空気抜きをつけて埋め戻します。

 施工の前にも、お神酒をあげ、塩を盛って、井戸の神様に触れないように施工いたします。

  そもそも日本には八万の神様がいるといわれます。その中でも特に、水の神様と火の神様は、その性格も対極にありながら、下手に取り扱うとその人の人生をめちゃくちゃにしてしまいますが、敬い上手に人生に取り入れることができれば、その「水」と「火」の力で、人生を助けてくれるといいます。

 これは、信仰なのかもしれませんが、小池設備の職人たちも、きちんとしてあげないと嫌がります。古くからの言い伝え・・。きっとなにか、科学的な証拠などもあるような気もしますが、施工に関してはできる限り、きちんとしたいものです。

a0050689_1953328.jpg

↑井戸の中を覗き込んでみました。底の方に水を湛えているのがわかりますか?
[PR]
by 7548181 | 2008-08-20 22:04 | 工事日記
 相模原市上溝で2年前くらいから大規模なマンションの新築工事の計画があり、水道局との事前協議を進めてきましたが、マンション単独で水道管を引くと付近の水圧が下がってしまうために促進工事に認定されました。

 促進工事とは簡単に言うと、その水道管を必要としている施主様と、水道局が工事代金を折半してお互いに共益を得ましょう!という制度です。

 今回施主様は100φの水道管の引き込みでよかったのですが、水道局が200φ程度を必要としたため、300φの水道管を引き込む大工事になりました。

 また、今回施工する水道管は地震に強いNS管です。

 現場は、古い住宅街で道も狭隘なため、周辺の住民のみなさんにご理解を得て施工する必要があります。

 先代の社長から、「仕事を受注したくらいで喜ぶな!きちんと仕上げるのが仕事だ!」と怒られたことも思い出しながら、気を引き締めてかかります。
[PR]
by 7548181 | 2008-08-20 19:00 | 工事日記
 場所は相模原市共和。三宅地の造成工事に給水管を引き込みます。周辺は国道16号から少し入った、閑静な住宅街です。

 道路工事をすると、近隣に様々ご迷惑を掛けることになります。例えば、騒音、振動、交通規制、ほこりなどなど。

 小池設備でも十分注意をして作業をしているつもりですが、もしご指摘箇所があるようでしたら何なりとお知らせください!やっているつもりでできていないのが、そんな対策かもしれません。
[PR]
by 7548181 | 2008-08-19 21:34 | 工事日記
 小池設備は、本日より夏季休暇に入りました。今年は、カレンダーの都合で少し長めの夏季休暇です。

 それでも、朝会社に来てみると11人も出社しておりました。みな、休み中の工事や元請けのゼネコンさんの休暇に合わせて、夏休みなどと言っていられません。

 職人も、真黒に日焼けをして頑張っております。ありがたいことです。皆さんのおかげですので、私も頑張らなくてはなりませんね。
[PR]
by 7548181 | 2008-08-11 09:39 | 経営日記
 週末を利用して、今年も富士山のご来光に挑戦してきました。去年と違って、今年は山小屋利用の予定でしたので、少し早目の出発で昼ごろから登り始めました。

 去年、山頂でものすごく寒い思いをしましたので、今年は防寒用具を満載で、日の出までの時間を有意義に過ごせるように、小型ストーブやらトン汁のフリーズドライ製品などを持ち込みました。

 途中、山小屋の予約を入れていなかった為に、なかなか山小屋へチェックインできず、結局本8号目の富士山ホテルさんにお世話になりました。はじめての山小屋でしたが、快適に過ごせ、無事に今年もご来光を拝むことができました。

 なんか、ここ数年毎年のイベントになりつつあります。来年こそは、家族でチャレンジ!と行きたいところです。

 今年の富士山トライにご同行いただいたみなさん、大変お世話になりました。
[PR]
by 7548181 | 2008-08-04 22:39 | プライベート日記

城山登山

 今日は、相模原青年会議所の例会で相模原市城山にある城山で、地域の子供たちを集めて山全体で「鬼ごっこ」をする予定でした。

 予定だったというのは、開始早々に雷雲が近づいて、気がつくと頭上で『ゴロゴロ・・』

 山での雷は危険!ということで、早々に下山をしました。

 何組か連絡の取れない子供のチームがあったので、数人で山に残り逃げ遅れた子供を探しに行ったのですが、その頃にはすでに雷は『ピカ!』と同時に『ドーン!』と、まさにすぐ頭上で炸裂しています。

 ベースから連絡があり、すでに子供たちは全員確保できたところで、私はまだ山頂付近にいましたが、雷をかわせるところが見当たりません。木立を避け、広いところも見当たりません。

 仕方がないので、雷が近くに落ちないことを祈りつつ、ポンチョで下山をいたしました。

 これほど近くで雷を経験したのは、生まれて初めての経験でしたので、無事下山できましたが、自然は侮れません。自然の脅威を改めて経験しました。
[PR]
by 7548181 | 2008-08-03 22:02 | プライベート日記