まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

相模原市の焼却炉

小池設備では、なるべくゴミを出さないように工夫しています。

段ボールや鉄くず、塩ビゴミ、紙ごみ、アルミ缶、スチール缶・・・再利用できるものは、リサイクル屋さんで処分したり。でも、どうしても処分できないときは、相模原市の南清掃工場で事業系のごみで受け入れてもらいます。

昨日も、相模原市南清掃工場へ事業系のごみを捨てに行ったところ、受け入れの作業員の方が、
「いやー、全然燃やすごみがないんだよ。どんどん持ってきてくれ」と言われました。

見てみると、焼却炉の中はすっからかん。

プラゴミと、分けるようになってごみが激減してしまったそうです。

うちのかみさんも、「燃えるごみより、プラゴミの収集日を増やしてくれないと、貯まる量がプラゴミの方が多い」とのことでした。

資源の分別で、ゴミの流れが変わってきている感がしています。
[PR]
by 7548181 | 2008-05-28 20:25 | 経営日記
 今日は、社員対象の環境セミナーを市民会館で行います。講師には、NPO法人かながわ環境教育研究所から渡辺氏をお呼びして、御講演いただきます。

 渡辺氏は、相模原市内でも環境特にエコの観点から、カーシェアリングなどを実践し、去年の青年会議所の「かながわ力大賞」にも選ばれた方です。

 小池設備だけでは、もったいないので市内の企業6社で共催です。

 環境について考える、いい機会になればと思います。
[PR]
by 7548181 | 2008-05-27 06:53 | 経営日記

井戸ポンプの不具合

 今日は、相模原駅前にあるホテルの水道料金が異常に高くなっているということで、調査に伺いました。 

 お電話をいただいた時点で、水道管の漏水だと考えていましたが、すでに他社さんで調査済みということでした。

 よくよく調べてみると、このホテルは井水の補給水に上水(水道水)を利用しています。

 井戸水がたとえば、ポンプが壊れた際、もしくは、井戸水が不足してしまった場合に備えるためです。

 それが、なんらかの原因で水道水を止めてあるバルブが外されてしまっていました。

 しかも、井戸ポンプが作動する前に、上水(水道水)が補給されてしまっていたのです。

 期間にして、半年間。いつもの5倍もの水道料金を支払い続けていたそうです。

 もう少し早く気が付いていれば・・。 
[PR]
by 7548181 | 2008-05-20 20:58 | 工事日記

会社前でBBQ!

 今日は、年に一度の健康診断日。毎年、全社員、全協力業者を対象に実施します。実は、この健康診断を受けないと、社員は制裁事由に当たるんです。

 健康診断は、一年に一度の身体の総決算。私は両親とも病気で亡くしたので、この健康診断は重視しています。去年も数名、「要精密検査」になってしまいましたが、検査の結果大きな病気は見つかりませんでした。

 健康診断は、朝から午前中くらいまでかかってしまいますので、午後はせっかくだからと会社の前でBBQを行いました!協力業者の方も含めて50名くらい来てくれたでしょうか?

 40L用意した生ビールはあっという間に売り切れ、追加でビール4ケースに日本酒2本、焼酎の大きなペットボトルは4本空いてしまいました。

 今年は、各テーブルに七輪を準備して、それぞれがテーブルごとに焼肉を楽しんでもらう趣向です。

 途中、あまり酔いすぎて酒に呑まれてしまい、からみだす古参の社員もいましたが、まぁ酒の席でのご愛敬・・・というわけで。本人も反省しているようでした。
[PR]
by 7548181 | 2008-05-17 21:16 | 経営日記

葉っぱビジネス!

 葉っぱビジネスで有名な、横石知二氏の講演会を聴くことができました。

 ずーっと前に、「葉っぱを売って儲けている人がいる」という話を聞いてから、気になっておりましたが、なかなか機会に恵まれず、今回初めてお会いすることができました。

 横石知二氏は、株式会社いろどりを立ち上げられた方です。過疎地域を地域の特性を生かして、ビジネスモデルを構築することで、お年寄りに元気を与え、地域を活性化した第一人者です。

 すべては、その着眼点と、仕組み作りにあると思いました。何気ない、なんてことないものに着眼し、それを商品とし、なによりそれを誰でも簡単に商売にできる方法を確立したものと言えます。  

 地域の再生は追って付いてくるものでした。高齢者の寝たきり率が非常に低いことや、ゴミの分別についてゼロエミッションに挑戦する地域の雰囲気を形成できたことは、二次的なこととはいってもすごいことだと思います。

 横石氏は絶対に口にしてはいけない禁句として「昔は良かった」と最初から「できない」は口にしてはならないとおっしゃっていました。

 その通りだと思います。昔を懐かしがっていても、前進はできませんし、できないことを「どうしたらできるか?」考えることが、新しい仕組みを形作るものだと思います。

 日曜日の昼間の時間。家族との時間も大切にしたいところでしたが、大いに刺激を受けてまいりました!遊びにも連れてあげられなかった家族には申訳ありませんでしたが、この刺激を生かしていきたいと思います。
[PR]
by 7548181 | 2008-05-11 23:37 | プライベート日記
小池設備の前の駐車場は、通り抜けができます。一般的な通路は、階段になっています。4段くらいのものですが、お年寄りには、その階段がよろしく無いようで、多くの自転車の方や、お年寄りが通り抜けていきます。

 先日、小学生くらいの自転車の集団が「通らせてくださーい!」と言いながら、駆け抜けていきました。

 私は、「はいよー!」と通らせました。気持ちのいいものです。

 他にも毎日通り抜けていくおばあさんがいます。顔を合わすといつも「いつも通らせてもらっていますよ。すみませんね」と言いながら、通って行きます。

 先日は、「いつも通らせてもらって助かっているから、みんなで食べて・・」とポップコーンを買ってきてくれました。

 ありがたいお話です。よっぽどこちらのほうが恐縮してしまいます。

 そんなことで、地域の方々にお役にたてるのなら、どんどん通り抜けてもらいたいものです。
 
 地域の皆さんに感謝いたします。
[PR]
by 7548181 | 2008-05-08 20:24 | 経営日記

頂きナース!?

 かぁちゃんの携帯には、だいぶ精通してきたしゅーへい。手の届くところにあると、勝手にいじって、最近ではゴルフゲームなんぞも勝手にやっているしまつ。

 携帯の着メロを聞くのも、しゅーへーの優雅な一時だ。

 「かぁちゃーん、この歌だれの歌?」と、しゅーへー。

 「宇多田ヒカルだよ」と、かーちゃん。

 「ん?いただきナース?」と、しゅーへー。

 「はぁ???」宇多田ヒカルをいただきナースと勘違いしたようです・・。
[PR]
by 7548181 | 2008-05-03 19:22 | しゅーへーとりょーた&rina