まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 相模原市内の温泉施設で、温水から水漏れの連絡を受けました。

 100mmの温水用の鉄管で配管されていますが、なぜかエルボの部分で腐食が進み、水が滴り落ちています。

 保温をばらすと、ほかの配管は全く持っていい状態です。ボイラーや給湯タンクの迷走電流が、ここに集中し、電蝕を起こしてしまっているようです。

a0050689_176213.jpg

↑エルボの部分で腐食が進み、水が漏れています。

 温泉施設ですので、休業が出来ません。予め、配管の寸法を取り、短時間で仕上げなくてはなりません。

a0050689_1716642.jpg

↑新規更新した100mmの給湯用鉄管。

 事前に予定した寸法どおり、ぴったりと収まりましたが、既設の配管の解体に一番手間取りました。配管が熱を帯び、口径も大きいので、固着してしまってなかなか外れませんでした。

 当日、保温の復旧までに掛かった時間は、三時間。断水はおよそ1時間で作業できました。
[PR]
by 7548181 | 2007-12-27 17:01 | 工事日記