まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 夏休み前から着手し、夏の猛暑の中突貫工事で仕上げた相模原市立谷口中学校がようやく引渡しのための完成検査をして戴きました。

 トイレ、受水槽関連、消火栓周りの大規模改修工事でしたが、工事担当の曽我君が頑張って引渡しまでこぎつけました。

 すでに、夏休みは終わり生徒がトイレなどを利用しているので、工事に関する根本的な指摘事項などはありませんでしたが、今後のメンテナンスを考えたときに必要となるであろう、軽微な指摘を受けました。

 例えば、受水槽の手前に地震に反応して、水槽を非常用の貯水タンクにするため、緊急遮断弁が付いていますが、その取扱説明書を学校に引き渡してしまうのではなくて、現場の遮断弁に取り付けて置くなどというものです。

 確かに、地震で被災した時には、現場も混乱して引き渡し書類に入っている緊急遮断弁の取扱説明書を探している暇など無いでしょうから、道理にかなっていると思います。
a0050689_17191535.jpg

↑受水槽室で、検査の状況。茶色い作業着の方は、相模原市役所学校施設課の検査担当の方。その後ろに見えるのが、緊急遮断弁の装置盤です。

 引き渡して、その設備がどんなシチュエーションで使われ、どうしておくことが最善なのか・・想像力を働かせて、「困った!」という時に当然便利に使える準備をしておくべきでした。良い勉強になりました。

 今回の現場には、大変多くの職方さんや、協力業者のみなさんに御世話になりました。ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。
[PR]
by 7548181 | 2007-11-28 20:46 | 工事日記

これがミシュラン店か!

 今日は、経営者仲間と今話題のミシュラン店へ行ってみました。場所は、恵比寿にある『翁(おきな)』という、高級蕎麦割烹の先駆的なお店。

 まずはお店の場所を探すのに一苦労でしたが、女将さんの気風がよく、暖かくお出迎え戴きました。お蕎麦は、いざ食べる段になってから打つ、その前に様々な前菜を・・。ということで、そんな前菜も一つひとつがこだわりの素材を堪能させて戴きました。

 私は、美食家では無いので、味の方はよく判りませんが、経営という観点で色々とお話を聞かせて戴き、「うちの店は、日本一他界蕎麦屋といわれているけど、ほかの店と比べる気は毛頭無いの。ただ、比べるのは昨日までのうちの店」という趣旨のお話に、こだわりと、他の意見を気にせず自分の気持ちでお客様によいものを提供しようという心意気を感じました。

 また、「『ミシュランに選ばれて良かったですね!』と色々な人に言われるが、『一見さんが増えるから儲かるね』と言われたことにはショックを受けた。常連さんに『おめでとう』と言われることだけがうれしいのに・・」

 なかなか、有名店になるのも大変なことです。

 御世話になっている、エキサイトの社長のBlogの方が、翁のお蕎麦をうまく説明されているので、そちらもごらん下さい。
a0050689_1134317.jpg

↑しまった!肝心の蕎麦の写真を撮り忘れました。取れたての鯛の御造りと、毎日一本一本丁寧に沸かされて、瓶詰めにされる特製ウーロン茶。まろやかなウーロン茶でした。
[PR]
by 7548181 | 2007-11-27 23:42 | プライベート日記
 横浜中区にある、プライドホーム様と、今後の工事の水周りの打ち合わせをさせて戴きました。次回は、緑区の三保町付近の大規模多棟現場です。

 プライドホーム様は、246号線の目黒交差点付近のマークスプリングスなどで、2×4の素敵な輸入住宅を製造販売するハウスメーカーです。

 広々とした間取りに、夢のあるアメリカンホームは一緒に工事に携っていても憧れます。次回の三保町の現場では、エコキュートを取り入れるとの事で、施工の打ち合わせや取り合いに付いて打ち合わせました。
[PR]
by 7548181 | 2007-11-26 21:18 | 工事日記

不都合な真実を観ました

 アメリカのゴア元副大統領で有名な、『不都合な真実』を観ました。気球の温暖化について、詳しく、分かりやすく説明がされていました。

 ゴア氏の『人間は先のことを予知することは出来ないが、想像することは出来る』というセリフにぐっと来ました。このままでは、いけない・・。と思いつつも、なかなか行動に移せないものです。

 映画を観終わって、自分にも何か出来ることは無いか?と考えて、とりあえず『チームー6%』の申請をしました。

 小池設備でも、環境について社員と一緒に考えながら、将来のこの地を次代に引き継ぎたいと思ったからです。

 人間一人では、なかなか大きな事は出来ませんが、小さなことからコツコツと。
a0050689_914135.jpg

[PR]
by 7548181 | 2007-11-16 21:52 | 徒然草・・
 今日は、建設業災害防止協会相模原支部の安全大会へ出席いたしました。

 大会では、安全に関しての講和や、安全表彰などで安全への気持ちを新たに致しました。
『災害は、人間(管理者・作業者)のヒューマンエラーでもたらされる』まさにその通りだと思いました。ちょっとした、気の緩みや勘違いで大きな災害事故が起こります。充分に気を引き締めなくてはなりません。

 継続的な警鐘の発信と、日々の安全への指導の繰り返しが大切です。

a0050689_18381157.jpg

↑写真は、建設業災害防止協会相模原支部の大野分会長。公私共に大変御世話になっております。
[PR]
by 7548181 | 2007-11-16 21:38 | 経営日記
 横浜市青葉区の青葉台駅前にある、「青葉台郵便局」の改修工事を請け負いました。元請負業者は川崎設備工業(株)様です。

 衛生工事のみの受注ですが、トイレの改修工事や消火設備の消火栓BOX等の移設などが主な作業内容です。現在、既存の設備の撤去作業をいたしております。
[PR]
by 7548181 | 2007-11-12 21:35 | 工事日記
 小池設備の近隣で、相模原市の公共下水道工事が始ったのを受けて、最近敷地内の公共下水切替工事(生放流化工事)のお問合せが毎日1~2件程度はいります。

 地域密着型の水道工事店としては、ぜひご用命賜りたいところ・・。

 色々考えて、会社の前にのぼり旗を立てることにしました。
a0050689_1310316.jpg

 風になびいて気持ち良さそうです。

 公共下水の切替工事は、既存の建物に付随する屋外の排水管を相模原市の規定に則って更新する工事です。建物の構造はもとより、排水管等の設備の構造がよく分かっていないと、あとで流れが悪くなったりします。

 小池設備では、公共下水を専門に取り扱っている社員がいますので、相模原市の規定に関しても、排水管の構造についても抜群のノウハウを持っています。ちなみに、相模原市指定下水道工事店には、『優良工事店』の設定があります。

 工事完了後に、全ての申請された工事は、相模原市下水道業務課の検査があります。優良工事店に指定されると、その検査が免除になります。それは、一定の期間相模原市下水道業務課の検査を受けて、手直しが一切無かった工事店にのみ与えられます。

 当然、優良工事店とは言っても、たまに相模原市の抜き打ち検査を受けることもあります。それで、手直しがあるとまた、全件検査となります。

 小池設備は、相模原市だけでなく、町田市でも優良工事店の指定を受けております。

 地元の工事は、ぜひご用命いただければと思います。
[PR]
by 7548181 | 2007-11-06 19:09 | 経営日記