まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

象の背中

最近巷で話題の『象の背中』を観ました。秋本康氏がプロデュースしたものです。

月並みですが、PCの画面を見ながら泣けてしまいました。ぜひ、皆さんも一度ご覧下さい。
家族について、大切な自分の人生について、見直すきっかけになりました。

もし、自分の人生の終わりを知る事が出来たなら・・・、大切なものをきちんと見つめなおすでしょう。

 自分の人生が今日までと思えば・・・、今日という日を大切に生きるでしょう。

 先週末に、姉たち家族と兄弟揃って一日過ごす機会に恵まれました。みなさん、私のことをとても心配してくれて、勇気付けてくれました。ありがとうございます。皆さんのお陰で、勇気百倍です。
[PR]
by 7548181 | 2007-10-29 21:10 | 徒然草・・

ありがとうと言える人

 私の青年会議所の友人で私の右腕として、広報を担当してくれている男がいます。小池設備の看板広告などの作成をしてくれたりもします。

 青年会議所の活動は、仕事が終わってから、もしくは仕事の合間を利用しながら活動しています。当然、仕事が忙しくなると、後回しにするのは青年会議所活動です。

 しかしながら、青年会議所の中でもより責任の重い立場を与えられてくると、時には仕事を犠牲にせねばならないときも有ります。「JCで約束を破ると、仕事もあてに出来ない」と思われるからです。

 より、責任感の強いメンバーほど、仕事が犠牲になります。もしくは、あまり青年会議所活動をしなくなります。約束が守れないのが嫌だからです。

 話が横道に逸れてしまいましたが、その私の右腕の男に、緊急でJCのお願いをすることがあります。彼も、昼間は仕事をしているでしょうし、こう言ってはなんですが、遊んでいて飯が食えるほどの規模の会社でもありません。

 それでも、「彼にしか頼めない」という場面では、昼間でも躊躇することなく彼に電話をします。
当然、仕事以外の無理で、急なお願いごと。電話の向こうで「そんな急に言われたって・・」という顔が目に浮かびます。

 色々と説得、交渉をして何とか彼に仕事を頼むと最後にいつも、「ありがとうございました」といわれます。私のほうが、無理なお願いをして、お金にもならない仕事を、大切な仕事に割り込んでまで、無理を聞いてもらっているのにです。

 返ってこちらが、「申し訳ない」という気持ちを強くします。

 さて、私を含めた小池設備の社員メンバーは、お客様の無理難題に「ありがとうございます」と言えているでしょうか?

 世界で一番「ありがとう」を集める会社を目指すグループがいます。皆さんもよくご存知のワタミグループさんです。随分と前に購入して、やっと手に付いた渡邊美樹社長の著書をようやく読むことが出来ました。

 文章中に、「きみの心の中に『ありがとう』はあるだろうか?」と問いかけられ、思わずそのいつもありがとうと言ってくれる友人の顔が思い浮かびました。

 自分の周りに「ありがとう」があふれている・・。素敵な人生ですよね。
[PR]
by 7548181 | 2007-10-24 22:33 | 徒然草・・
 双葉小学校区の防災訓練に参加いたしました。私の住居は西大沼ですので、双葉小学校区ではありませんが、ボランティアで参加している「相模原災害ボランティアネットワーク」のほうから、ブルーシートテントなどの展示依頼が来ておりましたので、お手伝いに行きました。

 会場には、相模原市が購入した最新の災害対策車が来て展示されていました。
a0050689_21492538.jpg


 車幅が自動で広げることが出来たり、災害地では現地対策基地として、活躍するそうです。ピッカピカの新車でした。
[PR]
by 7548181 | 2007-10-05 21:42 | プライベート日記
 今日は、7年前にお風呂のリフォームをさせていただいた古淵のお客様のところへお邪魔しました。

 「給湯器でお湯張りをするとエラー表示が出る」ということでした。

 見てみると、確かに「502」のエラー表示で止まってしまいます。エラー「502」は、循環金具のストレーナーにごみが詰まっているか、給湯器本体内にある電磁弁が作動不良です。

 ストレーナー部はお客様がご自身でよく清掃されていて、問題はありませんでしたので、メーカーのメンテナンスへ引き渡しました。

 7年前の工事でしたが、久しぶりにお客様のお元気そうなお顔を拝見できて、私自身はお役に立てませんでしたが、それはそれは良かったです。
[PR]
by 7548181 | 2007-10-02 20:47 | 工事日記