まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 今日は、相模原市内の磯部で舗装工事の立会いに行きました。小池設備では、水道工事が主体ですが、付随して舗装工事も致します。

 アスファルトは、最近の原油高が影響してだいぶ値上がりが続いています。工事を受注する際にお見積書を提出しますが、いざ工事に着手する頃には値段が上がっていることも最近は良くあります。

 工事が決まりそうな時は、お早めにご相談下さい。
[PR]
by 7548181 | 2007-09-13 20:32 | 工事日記
 相模原市内で某工務店さんで施工させていただいた現場で、クレームが発生してしまいました。

 引き渡して3年程度が経過しております。クレームは、「食洗器を使ってもエラーが出てしまう」というものでした。お客様がメーカーに問い合わせて、メンテナンスに見てもらったところ「排水が流れない」とのことでした。

 引き渡して3年も経っていて、排水が流れないとは私も初めての経験です。すでに、お客様はカンカンです。

 よくよく話しを聞いてみると、「今までに食洗器は一度しか使ったことが無い」とのこと。

 では、排水が接続されていないのだろうか?いや、一度でもきちんと使えたのであれば、排水が接続されていないことはありえません。

 そこで、現場の担当者に話を聞いてみましたら、食洗器用に新しく配管をやり直すといいます。それでは、問題の解決にはなっても、問題が見つかりません。最近では、食洗器を新築時に取り付けるお宅がほとんどです。問題解決するには、付け焼刃ではなりません。

 台所の排水管に管内カメラ(超小型のCCDカメラ)を挿入して、内部の排水の状況を確認しました。

 すると、ちょうど食洗器の排水と合流する部分に滞水があり、その排水管内にだいぶ油が付着しています。少なくとも、排水勾配に問題があることが分かりました。

 そこのお宅は、水周りが全て2階に集中しています。ちょうど台所の下は駐車場でしたので、お客様のご了解を得て、駐車場の天井に点検口を設けさせて戴き、天井内の排水管を点検しました。

 食洗器の配管は、きちんと台所系統の排水管に接続されています。問題は排水勾配でした。かなりゆるい排水勾配で、2階の床まではまだ5cmくらいの余裕があります。そこで、排水管の支持金物を取り付けなおし、排水管の上流側をなるべく適正勾配へするべく修正をしました。

 原因は、排水勾配がゆるく、ちょうど食洗器の排水の合流する部分が滞水していたため、台所で流れ出る油が合流点で急激に冷やされ、管内に油が固形物として付着し、食洗器もあまり使われていなかった為に、食洗器の排水管を閉塞する形で詰まっていたことでした。

 排水勾配を適正に修繕し、排水管内の付着物を取り除いて、完了です。

 そもそも、2階に水周りがあり、1階の天井高を確保する為、かなり狭い天井内でした。当然、私たちはプロの意識を持って、天井を下げるなどして、排水管のルートを確保せねばならなかったのに、それを怠りました。

 3年の期間は瑕疵保証の期間外ですが、これは小池設備のミスですので、当然無償で修繕いたしました。お住まいのお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしました。

 ただ、お客様からはご理解いただき、「大変だったけど、これで一安心ね」といわれた一言は、ほっと致しました。ありがとうございました。
[PR]
by 7548181 | 2007-09-04 22:56 | 工事日記