まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 以前に公共下水の放流工事を行なわせていただいた厚木にある、繊維のメーカーの工場で「汚水ポンプが止まってしまっている」と連絡を戴きました。

 行ってみると、バキュームカーで排水を処理しているところです。修理中も排水は流入していますので、新しいポンプを設置して、古いポンプをばらしてみました。

 すると、ポンプの羽の部分に、タオルががっちりと絡み付いています。

 さすがに汚水用のポンプでもタオルは吸えません。丁寧にばらしてタオルを除去。再度電源を入れると、元気に動き出しました。

 わざと流したのではないと思いますが、タオルや生理用品、ビニール袋などは排水には流さないようにしてもらいたいものです。

 お客様の会社の管理の皆さんも、「こりゃーひどい!」「トイレに張り紙をしてあるのになぁ」とご立腹でした。

 この現場は、敷地が広いために排水勾配が取りきれず、汚水槽を中間に設けてポンプで圧送しています。
[PR]
by 7548181 | 2007-08-31 20:43 | 工事日記
 大野台や若松、西大沼で公共下水の本管工事が着手されたようで、毎日数件のお問合せがあります。宅地内の公共下水切替工事、生放流、本下水の工事です。

 まだ、道路の工事が始ったばかりですので、実際には来年度4月以降の供用開始となりますので、「家の公共汚水桝の位置をどこにしたらいいでしょうか?」という問合せが多いようです。

 敷地の向きや水周りの配置などによって、この公共汚水桝の取付位置次第では、お客様が負担する公共下水の切替工事の見積に大きく変化します。

 出来れば、悩んだらお問合せ下さい。「まぁ、ここら辺でいいだろう」という判断で、払わなくてもいいお金を負担することになるかもしれません。

 「誰も喜ばない費用は削るべき」と社内でも、よく話します。誰かが喜ぶ費用なら喜んで払うべきだと思いますが、例えば電気代などは喜んでくれる人がいません。無駄に使っても無駄なだけです。

公共汚水桝の取り付け位置が遠いからと、私たち業者は喜びません。職人も大変だし、お客様は余計な費用です。ぜひ、お問合せ下さい。
[PR]
by 7548181 | 2007-08-24 22:49 | 工事日記

お盆休みも営業中です!

 小池設備のお盆休みは、8月11日(土)~17日(金)までですが、今年は相模原市発注の市立谷口中学校の大規模改修工事を受注してしまっている為、毎日出勤です。

 休み中にも拘らず、10名程度が日代わりで出勤しています。お疲れ様です。

 現場に出ているときはしょうがないのですが、事務所にいると結構色々な電話が掛かってきます。盆休みの無い、役所の方々から連絡事項や、一般の水周りの修理のお客様です。

 緊急の工事以外は、盆明けにしていただいていますが、やはり水が漏れていたりすると気になるもの。「すぐにこれませんか?」といわれると、断れません。

 伺った家で、「休み中に悪いね!助かったよ!!」といわれると。うれしい限りです。今日も、トイレが詰まってしまったお客様に、大変感謝されました。その一言が、私たちの原動力になります。
[PR]
by 7548181 | 2007-08-13 19:31 | 工事日記