まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 相模原南警察署の方より、「実は泥棒を捕まえたが、取調べ中の被疑者が「この家に侵入した記憶がある」旨の申し立てをしています」と連絡を頂きました。

 ちょうど去年の今頃、実家を空き家にしていたときのことで、被害総額は大した金額ではなかったのですが、「知らない他人がこの家に侵入した」という事はなにやら気味の悪い、怖い体験でした。

 最近、相模原市内でも空巣の被害が増えているとのことでしたので、犯人が捕まったという事は何よりほっと致しました。

 「まだまだ、余罪があるようですので、きっちり調べ上げます!」との警察のお言葉に、心強く感じました。
[PR]
by 7548181 | 2007-02-27 19:21 | プライベート日記
 先代の父が残した盆栽。ずっと、ほっぽらかしになっていました。年末に、近所の方に「手も入れないで置いておくなら、無いほうがまし」とまで苦言を呈され、本屋さんで盆栽の本を入手し、お正月休みにぼちぼち手を入れ初めました。

 よく勉強をすると、やっぱり父が亡くなってから6年間も手付かずで、どうにもこうにもといった感じですが、それでもなんとか水だけはあげていたので、「枯れているのかな?」と思ってしばらく様子を診ていると、芽が少しずつ動き出して・・・。植物の生命力ってすごいですね!

 時期的に、今はそれほど手を入れるところも無いのですが、ごちゃごちゃした枝の選定や、今出来るタイミングの鉢があれば、植え替えをしたりして、ちょっとずつですが、整理をしています。今年は暖冬なので、それが幸いしているようで、モノの本では「3月中旬以降植え替え時期」の鉢も構わず植え替え。

 お陰で、最初はおっかなびっくりだった植え替えも、だいぶ慣れて来ました。

 母の実家が植木屋さんをやっているので、母も植木をいじるのが大好きでした。そんなところも、遺伝しているのかしら?

 
[PR]
by 7548181 | 2007-02-21 19:33 | プライベート日記
 小池設備のホームページを委託している方と打ち合わせを行ないました。いろいろと楽しい提案があり、更新が楽しみです。水道工事はなかなか人目につくことはありません。

 ですからこそ、顔の見える仕事を心がけて行きたいと思い、社員や私の写真も掲載することにしました。

 いままでは、あまり自分の写真など載せるのも、恥ずかしいなぁと思っていましたが、「顔の見えるホームページの方が、ぐっと真実味が増しますよ」との提案に、掲載を決意しました。

 近日、更新予定ですので、お楽しみに!!
[PR]
by 7548181 | 2007-02-16 20:28 | 経営日記

感動力例会

 今日は、(社)相模原青年会議所の2月第一例会 「感動力」に参加しました。講師の方は感動プロデューサー平野秀典氏です。

 実は、この平野秀典氏の講演会は、前にお取引先様の厚木の(株)リマインド様の望年会の席で一度お聞きしておりました。その時からファンになってしまい、『どうにか一度相模原にお呼びして、小池設備の社員にこの話しを聞かせて、思いを共有したい!』と常々思っていました。

 そこで、例会担当者に入れ知恵(?)して、この例会が実現したのです。

 折角、平野氏が相模原に来てくれる!しかし、例年通り小池設備では2月は繁忙期です。毎日遅くまで仕事をしている社員に、仕事が終わってから例会へ来てくれないか?とは、ちょっと言いにくかったです。

 そこで、朝礼やメーリングリスト(小池設備は社員向けのメーリングリストで情報を交換しています)を利用して、できれば来て欲しい旨の情報を流していました。

 例会が始り、来てくれた社員はたったの一名。「やっぱりこの時期は忙しいしなぁ~」でも、来てくれただけでも感謝です。

 講演会の方は、期待以上の良いお話で、前回聞いた話しでも新しい気付きをもらえました。「お客様の期待以上の仕事」のお話しは、自分の新しい挑戦です。

 例会の最中に、ばらばらと遅れて入室してくる人がいます。「ん?」と見ると、小池設備の社員たちでした!後ろを振り返っても、会場内にちらほら一般の方々に混じって、小池設備の作業着が見えます。若い子達は、泥の付いたままの作業着で、キチンの一日の仕事を終わらせて会場へ駆けつけてくれた様子でした。

 平野秀典氏の感動力のお話にも感動いたしましたが、今日は一人ひとりの社員の行動に大きな感動を受けました。「このスタッフなら大丈夫!」と、実はちょっぴり涙ぐんでしまいました。社員の皆さんに感謝、感激です。

 お客様にも、この感謝、感激を是非味わって頂きたい。また、仕事に頑張ります!!
[PR]
by 7548181 | 2007-02-15 23:42 | 経営日記