まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー

<   2006年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 同業者で日頃からお世話になっている株式会社ビオン工業様と特定建設工事共同企業体(JV)で施工中の川崎北部方面養護学校(衛生設備工事)がもうすぐ引渡しです。

 この工事は神奈川県発注の工事で、工期が15ヶ月と大変長い現場でした。
a0050689_9241630.jpg

↑別途発注の外溝工事が急ピッチで進められています。
a0050689_1024749.jpg

↑機械室内の各種機器配管。まるでハウルの動く城にでも出てきそうな感じです。

 今日は、神奈川県の担当者検査でした。一日検査しても、検査しきれないくらいで休憩無しで、検査が行われました。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-28 23:17 | 工事日記

工事解約!?その2

 異常に高い工事代金を契約させられたお客様と、工事の解約について検討を進めていますが、一番問題になる事は「お客様が自分の意思でその業者を呼んだ」ということです。つまり、訪問販売ではないので、クーリングオフが出来ないということです。

 契約書には、「裏面の注意事項もよくお読み下さい。」とあり、裏面を見ると「クーリングオフが出来る」趣旨の説明書きが有ります。お客様はそれをみて、「最悪の場合は、クーリングオフをすればいい・・」と考えたそうです。しかし、実際には訪問販売ではないので契約解除が出来ません。

 しかも、工事も進んでしまっているので、これも問題です。

 2月25日(土)に、「直接その業者とお客様が工事について説明を受ける為に面談する」ということでしたので、実は私も匿名の「友人」として同席させてもらいました。

 相手の業者は、やはり「訪問販売ではない」「金額が多少(?)高いのは緊急工事のために仕方がない」「契約書にハンコを押したのはお客様だ。無理強いはしていない」趣旨の説明をしていましたが、肝心のどんな工事をどうやってやったのかについては、状況説明をするだけで具体的にどうしたという説明はありませんでした。

 取り合えず、「工事についてはストップ。そして契約の解除をしたい」という話で進めていますが、業者の方も「すでに工事をしている為に、お金が掛かっている。その分については保証して欲しい」「迷惑なのはこっちだ」の趣旨の反論をしていました。

 よって、業者から再度これまで掛かった工事の精算見積をもらい、お客様は地元業者から新規にこの工事に対しての見積を取ることで、妥協点を見出そうという話になりました。

 今日は、知り合いの市内の弁護士の先生と、司法書士の先生に電話で相談しました。

 具体的な、相談に対する指示は、また次回にお知らせします。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-27 21:58 | 工事日記
 今日は、休日を利用して小池設備本社の天井を塗装してもらいました。
a0050689_109776.jpg

↑社内を養生してまるで異空間のようですが、一度目の塗装でかなり明るくなりました。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-26 10:14 | 経営日記

工事契約の解約!?

 数年来の友人から相談を受けました。「父がリフォーム業者と契約を結んでしまい、工事が進んでいる。軽微な工事が100万円の契約書になっており、見積書も全て一式工事で適正な工事かどうか、判断に困っている」という趣旨でした。

 そもそもことの発端は、21日夜のこと。台所の床が水浸しになっており、びっくりしてお父様がポスティングされたチラシを片手に電話をかけ、緊急で修理を依頼したとのことです。チラシには相模原市内の住所に支店がありすぐ近くから来てくれるような印象を受けたとのこと(実際に電話してから現場到着に2時間以上掛かった)。

 初日は現場へ到着したが、作業は出来なかった。翌日になって、高圧洗浄器などを持ってきたが貫通できず、「薬剤で溶かしてみましょう」とPPスルーを投入してさらに翌日。貫通できなかったので、職人さんが来て配管をやり直したそうです。その間は当然台所も使えませんでした。

 さらに工事をしながら世間話で、いつも間にやら台所シンクも交換することになってしまっていたとのこと。

 私の友人が、お父様から値段の話を聞かされたのが木曜日の夕方。値段の高さにびっくりして業者へ電話をし、工事のストップを求めたそうです。

 リフォーム業者は見積書の提出を求めても、「現場で説明する」の一点張りで、営業車両はみな「なにわ」ナンバーで、大阪弁。どう見ても地元の業者ではない。営業の素人のような社員が出入りし、職人が来たのは木曜日に一人のみ。仕事振りを見ていて、不信感が募ってしまったとのことでした。

 小池設備としては取り合えず、金曜日の夕方に係長が現場へ急行して、現地調査と契約書を見せてもらいました。
a0050689_7542325.jpg

↑実際の契約書(お客様個人名称や業者名は伏せて有ります)

 現場を見に行った係長からは「現状行った工事は20万円程度ではないですか?実際には10万も有れば出来る工事だと思います」と、報告がありました。現場のほうも、相模原市内ではごく一部の地域を除いて、雨水は汚水に合流してはいけないことになっていますが、お構い無しに相模原市の排水工事基準も無視した工事がされています。
a0050689_8444682.jpg

↑汚水桝の立ち上がりに無理やり突っ込んだ、雨樋。
a0050689_846455.jpg

↑新設した汚水桝。相模原市の排水工事基準では有り得ない位置(立ち上がりではなく、配管にチーズ継手で掃除口を取り付けてある)に掃除口が付いています。しかも、器具に排水トラップが付いているにも拘らず、さらに桝にトラップを設置する2重トラップで施工してあります。
これでは流れがまた悪くなってしまいます。

 さて、ここで一度整理してみます。
   1、工事目的は、排水管の詰まりの修繕だった。
   2、すでに工事が四割程度済んでいる。
   3、工事の値段が異常に高い。
   4、地元の業者ではない。  
   5、排水の詰まりの修繕で、三日間もかかってしまった。
   6、業者を呼んだ(選定した)のはお客様側だった。
 この工事は、契約解除できるのでしょうか?
 
[PR]
by 7548181 | 2006-02-25 16:39 | 工事日記
 今日は、ビジネスBlogのセミナーへ行きました(なんだか、最近セミナーばかりの日々です)
この「水道屋の社長の奮闘記」も、Blog形式ですが、Blogをもっとビジネスに生かせないか?と思い、他社のBlogの活用の仕方にヒントがあればと思い参加しました。

 講師の方から、色々事例を紹介いただいたことと、参加企業の方々のホームページやBlogの運営の悩みなどを聞いて、大変参考になりました。

 私も、このBlogを始めてからご指名でお仕事を戴くことも多く、小池設備の社員にもBlogを活用させてみようかと思っています。今後の展開をお楽しみに!
[PR]
by 7548181 | 2006-02-24 22:23 | 経営日記
 昨日に引き続いて東陶セミナーですが、会場はかなり充実したショウルームになっていました。時間があったのでゆっくり観れました。

 
a0050689_8353576.jpg

↑全面木目仕様のネオレストです。非売品ですが、こんなトイレなら用を足すのがもったいない!?

 
a0050689_8381338.jpg

↑身障者用のトイレは要介護者のためや車椅子のためにスペースを多く取ります。そうすると紙巻器などが遠くなってしまって、実際用を足す使い勝手が悪くなってしまうということも有ります。これなら、手摺に付けられるので、紙巻器が遠くて使えないということもなくなります。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-24 08:58 | 経営日記
 都内の東陶のセミナーショールムーへ小池設備の専務とメンテ担当の大石と同行して、高齢者セミナーへ参加しました。

 他の参加者は、ほとんど設計関係といった感じで、水道工事店は我々だけって感じでした。
実際の高齢者や要介護者がどのようにして水廻の設備を利用するかを見ることで、どの位置に手摺があると有効か?また、どんな器具が使い勝手が良いか?といったことがよく勉強になりました。

 グループホームなどでの実例を交えて、新製品などの説明を受け、在宅介護などを決意したご家族の方のお力になれたらと思います。

 私も、母が晩年に寝たきりになってしまったとき、「もし家に帰ってくるとしたら、どうしたら良いんだろう?」我が家で母を受け入れられるかどうか、正直考えてしまいました。でも、母には出来ることなら家で静養させてあげたいという気持ちもあり、葛藤がありました。

 そんな経験があるからこそ、もしこれからそんな方がいればお力になりたいと思います。
a0050689_8323730.jpg

↑後付できる、洋式トイレの尿瓶洗い用の水栓。一般家庭では、尿瓶の洗浄をするところがありません。トイレで流せたらいいですよね。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-23 22:22 | 経営日記

冷たい雨が降っています

 今日は、いよいよロータリーパレス藤沢の水道局の各戸検針に立ち会いました。季節は冬から春へ移行しているようで、冷たい雨の中の検査になりました。

 戸数が多いので、水道局の職員の方は4名、小池設備から設計担当が4名と私で検査を行いました。みんなずぶ濡れで、頑張っていましたよ。
a0050689_8213641.jpg

↑各戸で個性が有るつくりになっています。ドアの色やフローリングの色、クロスはもとよりキッチンも選べます。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-20 20:37 | 工事日記
 町田のラポール千寿閣で、地元選出の市会議員の先生の賀詞交換会へ出席しました。地元の自治会の方や、仕事でお世話になっている社長さんなど、多くの人でにぎわっていました。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-19 20:40 | プライベート日記
 今回は、東京で開催でしたので気軽に参加できました。委員会のメンバーとも打ち解けてきて、だいぶ楽しくなってきました。

 東京で宿泊にしたのですが、都内の霞ヶ関周辺は国会が開催中だからでしょうか?多くの機動隊などが出て、ちょっと物々しい雰囲気でした。
[PR]
by 7548181 | 2006-02-18 23:37 | プライベート日記