まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

家が陥没!?

 相模原市上鶴間のお客様で、「家の周りが陥没している」とのご連絡を頂きました。伺うと、家の裏側の基礎に沿って、ところどころ5cm~10cmくらい陥没している箇所があります。旦那さんは、「平らだったのが、雨が降ったら下がってきてしまった。」とのことでした。「家が傾いているなんて事はありませんよね・・・」と奥様。

 小池設備で施工した物件ではないのですが、良く見ると公共下水道に切り替えた跡があります。話しを聞くと、5年前くらいに下水の工事を行ったそうです。

 調べてみると、昔の下水の吸い込み槽を埋め戻した後に、下水の配管をしたようです。

 下水の吸い込み槽とは、公共下水道が整備されていない地域に、浄化槽を設置し、U字溝や雨水の処理施設が無い場合、浄化された水を土に浸透させるための竪穴です。深いものだと直径が1.2mで深さは15mになるものも有ります。

 土地の敷地が狭い為、吸い込み槽を埋め戻して、そこへ排水管を配管したのでしょうが、その際の埋め戻しが良くなかったようです。長い間に雨水が染み込み、埋めてあった土が陥没をしています。

 『雨降って、地固まる』現象です。それにしても5年も前に埋め戻したものが、今頃下がるというのもちょっと怖い話ですが、お客様にその旨を説明して、新たに土を埋め戻すことにしました。

 下のほうまで改善するとなると、費用対効果を考えても、あまりメリットは無いので、下がった分を埋め戻すことにしました。「直接、吸い込み槽に家の基礎が乗っているわけではないので、家が傾くことは無いと思いますよ」と説明をすると、奥様はほっとされているご様子でした。

 しばらく、様子を見てみることにします。

 
[PR]
by 7548181 | 2006-05-10 21:18 | 工事日記