まずはご相談下さい!!㈱小池設備は相模原を基点に町田や横浜で、2代目社長が水道工事と経営を体当たりで行なっています!日々の工事や修理の中で気が付いたことや、問題点、対処方法などをこのBlogで紹介します。


by 7548181
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ストレーナーの清掃です

 トイレのストレーナーの清掃の仕方です。ちょうど、お客様のウォッシュレット(多機能便座)が故障してしまい、「電気は来て動くけど、水が出ない」ということでしたので、お断りをして写真を取らせて頂きました。便器は、ワンピース型のちょっと高級な便器です。

a0050689_1242226.jpg

↑まずは元の止水栓を止めます。これを締めないで、ストレーナーを外すと、水が吹き出ますよ!

a0050689_125267.jpg

↑すぐ隣の止水栓よりも大きめな、キャップを外します。10円玉でも開きますが、こちらは力が入りづらいので、マイナスドライバーの方が良いでしょう。

a0050689_12665.jpg

↑キャップを外すと、中にはストレーナーが入っています。流水と歯ブラシ等で、よく清掃します。清掃後は、きちんと元通りに戻しましょう。

a0050689_1265294.jpg

↑続いて、ウォッシュレットのストレーナーです。大切なお尻を傷つけないように、厳重な体制です。

a0050689_1281542.jpg

↑キャップの中には、やはりマイナスドライバーで回せるストレーナーキャップが付いていますので、これをまわして外します。

a0050689_1291372.jpg

↑中のストレーナーは、上と同様に流水でいらない歯ブラシ等で丁寧に洗います。このとき、Oリングの付近もきれいに掃除しましょう。ここに、配管の切子などが引っかかると、元に戻す時にOリングが切れてしまい、漏水の原因になります。
[PR]
by 7548181 | 2006-03-15 12:10 | 工事日記