「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

ポケモンGO!で屋外に飛び出そう!

 ポケモンGO!が大人気だそうで、子供たちもさることながら、案外大人まで・・意外なところにポケモンが潜んでいるそうで、友人のfacebookにも「うちの敷地内に!」とか、「ポケモン発見!」などという投稿が並んでいます。

 今日は、会社で事務仕事をしていたら、夕方子供たちが小池設備の駐車場で何やらごそごそ・・

a0050689_10583257.jpg


 「おーい!何してんの??ポケモンでも居た?」と声をかけたところ、

 え?何言ってんの?って顔して、
 「セミだよセミ!」って。


 うーん、おっちゃんつまんないこと聞いちゃったね。リアルポケモンだ。バーチャルの世界だけでなく、リアルの世界でいろんなこと学んでいて、いいね~って思いました。
[PR]

社員章を初めて作成しました!

 お揃いのヘルメットにお揃いの作業着。ピシッと決まるとカッコいい。

 職人甲子園神奈川で壇上に上がる、職人たち。うーん、カッコいい!

a0050689_8422623.jpg


 みんなで揃えるのって、気持ちも揃うようでとても好きです。小池設備の40周年祝賀会の時、お揃いのネクタイになるべくダークカラーのスーツで統一したら、やっぱりカッコ良かった。

 でも、何かが足りない・・あ、社員章が無い。

 青年会議所も、ロータリークラブもライオンズクラブも、大手企業もみんな付けてる。でも、小池設備は小さい会社だしな・・とも思いましたが、まずはカッコから!

 というわけで、新しいロゴで作成してもらいました。

 スーツに付けてみるとこれがなかなか、かわいい。。ん?かわいい?カッコいいを目指していたのに(笑)
a0050689_8461293.jpg

[PR]

最短で6年後に社長になりませんか?

 建設業界だけに留まらず、どの業界でも人材不足が叫ばれていますね。小池設備でも例外ではありません。だからと言って、業界のせいにしても、社会のせいにしても、まして自社のせいにしても始まりません。

 小池設備では、比較的早くから高校生や大学生の新卒採用に取り組んできました。過去は毎年、最大3名の新卒採用実績があります。でも、離職率はやはりそれなり・・。

 「なぜだろう・・」面接の際には、「御社の地域密着のスタイルに共感して!」「この会社で精一杯頑張ります!」と言って入社するのに、なぜ途中で辞めるのか。


 入社をすると、熟練工とチームを組んで各現場でOJTで仕事をします。いつも数か月した後職長に尋ねます「今度の新入社員はどう?」

 すると決まってこの答え
「うーん、やる気はあるよ!でも、仕事を覚える気はないかなぁ・・」

「え?なんで?やる気はあって覚える気がないって。」

「まぁ、頑張っている感じなんだけど、質問されることもないし、言われたことをやるだけって感じかな」

うーむ・・なぜだろう。

「じゃあ、職長は若い時に何故で仕事を憶えたの?」

「俺か~俺はもうこの世界で飯を食っていこう!って決めて入社したからね。ほかに行く時は、仕事を覚えて何でも自分一人になってから!って決めてたから」

それは、今の子も同じはず。では、何でだろう。


今度は、新入社員たちに聞いてみました。
「そーいやさ、そもそも何でうちの会社に来たの?」

「んー、実は今だから言えますけど、家から一番近かったので」
「他で面接に落ちてしまって、小池設備なら簡単に入れそうだったので」

ほほう!そうか!なるほど。

彼らは、そもそも仕事を覚えに来たわけじゃないんだ!仕事にありつければ良かったわけだ!

とすると、どうしたらこの世界で飯を食っていく覚悟のある若者を小池設備に集めることができるだろうか?


そこで、始まったのが「最短6年後に社長になってみませんか?小池設備で独立しよう!」プラン。
最初から、この世界で飯を食っていこう!と思う覚悟を決めた方。募集しています。

一緒に夢を叶えてみませんか?

a0050689_1949110.png


 
[PR]

利益は何のために存在するのか

 「儲けの出せない会社は、それだけで悪だ!」と先輩経営者に云われたことがある。

だから、しっかり儲けろと。。。

私の会社が利益を出すために存在する!と強く認識させられた一言だったかもしれない。

その後、10年に渡る経営者としての経験の中で違和感が出てきた。

「利益を出し続けることが、本当に目的なんだろうか?」

顧客から度重なる値下げ要求、社員からの賃上げ要求、資材や燃料の高騰、、、利益を出すには、協力会社へも値下げ交渉も行ったし、資材購入する際は当然のように見積もり比較。一番安い業者に発注もした。

でも、それが弊社が存在する理由だろうか?

自分は一番高く売りたい、しかし一番安く買いたい。

人間関係よりも、値段重視の関係は、私たちが思い描いている明るい豊かな社会の産物だろうか?

うーん・・違うなぁ。

そんな時に出会ったドラッカーの言葉。


『事業体とは何かを問われると、たいていの企業人は利益を得るための組織と答える。

たいていの経済学者も同じように答える。

この答えは、間違いなだけではない。

的外れである。』

~実践するドラッカー利益とは何か~より抜粋


むむむ??????

じゃあ、利益なんぞは要らんのか?


ドラッカー教授は続けます。

『利益は、個々の企業にとっても、社会にとっても必要である。

しかしそれは、企業や企業活動にとって、

目的ではなく条件である』

~実践するドラッカー利益とは何か~より抜粋

痺れるなぁ~。。


利益は目的だと勘違いしていたものが、利益は条件!なんだかもやもやしていたものが氷解した瞬間でした。


 

[PR]

妙齢のご婦人からお菓子を頂きました

 「先日、具合の悪くなった時に、小池設備さんで休ませてもらったんです」と、妙齢のご婦人がお菓子を届けてくれたとのこと。

 通行中に、具合が悪くなって休んで行かれたそうです。

 そのくらいのことで、わざわざご挨拶に来られなくても・・とも思いましたが、逆にそれほど深刻な状況だったのかも・・とも思います。

 その時の私たちの態度は正しかっただろうか?もっと何かして差し上げられることはなかったろうか?

 そういった想定はしておりませんでしたが、おりしも「子供110番のお店」の看板も掲げております。一度、社員とも、話し合ってみたいテーマだと感じました。

[PR]

夜霧よ今夜もありがとう・・?

 昨夜、仕事を終えて会社を出ると・・

a0050689_8533498.jpg

な、なんだこの霧は・・・

相模原市も南区に住んでいると、霧が発生することは至極稀です。しばし、幻想的なムードを
楽しみました。天気予報では、南から暖かい空気が流れ込むとか・・

そんなことも、この霧の発生に影響しているんですかね。


朝にはすっきり晴れていました。今日は、天気も良さそうです。
[PR]

いよいよ仕事始め!

新年あけましておめでとうございます。昨年中は、様々な皆さんにお世話になり、改めて御礼申し上げます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は、私自身41年間のインプットをアウトプットする年と位置付けております。なので、青年会議所で学んだこと、その他先輩方や社員育成で学んだこと、家庭で学んだこと、セミナーで学んだことなどを織り交ぜて、小池設備は「人を育てる会社」としてさらにステップアップを図ってまいります。

私の仕事は、人のお役に立つことです。

2014年、小池設備にご期待ください!!

a0050689_17595610.jpg

[PR]

私の名前の所以について

「『重い』に『憲法の憲?』重い憲法って17条の憲法かよ~!」と突っ込まれたので、私の名前の云われなんぞご紹介を・・


私は、小池家の長男として生まれました。私の父も長男でしたので、実家の農家を継がねばならぬところを、私の母と姑のおばあちゃんとの折り合いが悪く、実家を出てきてしまっていました。

私の父は、私が生まれた時にたいそう喜び「これで、新しい小池家の跡取りができた!新しい小池家の幹になる子だ。そうだ!名前は幹雄(男?夫?)にしよう!」となったそうです。でも、心のどこかで親父は自分の名前の一文字を入れたいような気もして、悩んでいた時期。

そんな悩みを、産科の先生にしたところ、「実家から分かれているのなら、『幹』という字は、左右別れるからよくないな。もう一つの名前はどうしたいんだ?おじいさん(重慶)の『重』とお父さん(靖憲)の『憲』で『重憲』?いいじゃないか~!そちらにしなさい。この子はきっと実家との橋渡しになるよ」と言われて、「重憲」に決定。

両親が亡くなった今では、どちらかに慶弔事があると私の出番。今年の年賀状に叔父さんが「小池重慶様」と間違えてきたけど、橋渡しになっているのは間違いない。

今では、「重憲」という名前に満足しています。両親と、その時の先生にありがとうを伝えたい。

年末に偶然見つけた私の出生届。まだ、名前が空欄だったのにはわけがある。

a0050689_17484770.jpg


ひょっとしたら、今頃「ミッキー!」なんて、呼ばれてたかもね(笑)
[PR]

全体朝礼にて

昨日の朝礼では、ワークしてみました。(最近の朝礼では、私の訓示よりもワークをやって皆で考えてもらう形式が多くなりました)

Q1「あなたの仕事ぶりは、同僚や上司、部下になんと言って紹介されるますか?見た目などの容姿ではなく、あなたの仕事ぶりについてです。」


・・これは、自分の仕事を振り返り現状認識を促す質問です。謙遜する人も、誇大評価する人もいますが、少なくとも、「自分ではそのつもり」ということを認識してもらうことが大切です。



Q2「ではあなたの仕事ぶりは、10年後になんと言って紹介されたいか?」


・・この質問は、自分自身の目指す姿を認識してもらうことを重視しました。動周囲から評価されるような仕事ぶりをするのか?そもそも、評価を受けるには人間性も磨かれなくてはなりません。しかも、10年後というと、突飛な意見は出にくいです。
そうじて、若手は今の自分と大きくかけ離れ、熟練工たちは現状をさらに深めるような意見が多かったです。



まー、いろんなことを書いておりましたが、それらを踏まえて、来月6日の仕事始めの新年目標を決めてもらうことにしました。「10年後の自分のための最初の一年目標」です。その目標も、具体的に、第三者がその達成度を見て、「頑張ったね!」といえるものでなくてはなりません。

社員一人ひとりと、時間を見つけては面接をしながら、10年後の仕事ぶりの話をしていますが、その人の思いや、そもそも何のために仕事をしているのか?など、気付かされることが多いです。

10年後の自分の仕事ぶりを想像しながら、一年ずつステップアップがしていけるのは、とてもいいと思います。年始の目標発表が取りあえずの楽しみ。

a0050689_11492065.jpg

[PR]

表彰を受けました!

 神奈川県・神奈川県公安委員会、一般社団法人神奈川県安全運転管理者会より、交通安全について、「安全運転管理優良事業所」の表彰を受けました。

a0050689_15313342.jpg


 交通安全は、安全第一の建設業の中でも基本の「き」です。交通ルールを守るのは当然として、人にやさしい運転を心がけたいものです。
[PR]

当然

自分がしてもらうこと、自分がしてあげること。

「当然」なんてない。

だから、してもらえることが、ありがたいと思えるし、してあげたことの見返りも
求めようとも思わない。

「当然」は、自分のためにある言葉。


「こんなことは友人として当然さ」
それは、良い友人としての自分を見てもらいたいだけの話。
してあげたことに対する見返りを求めるセリフ。

当然なんてない。

「友人なんだから、このくらいしてくれてもいいだろう」
それは、自分が友人ということで見返りを求めているに過ぎない。

当然なんて、当然ない。

a0050689_9562367.jpg

↑写真の男性は、私ではありません。友人たちと登った富士山で。
[PR]

会社の名前

 昔、親父とこんな話をしたことがある。まだ、バブルの頃かな?私自身が学生だったかもしれません。


周辺の同業他社が、社名を変更し始めたのです。「〇〇建設工業」が「株式会社〇〇」(カタカナ名称)に。
横文字の会社名が増えたころです。


私  :「うちの会社も、カタカナで『株式会社 コイケ』とかに変えたら?」

親父 :「うちは変えないよ。」

私  :「ん?なんで??カッコいいじゃんか!」

親父 :「ん~・・、カタカナで『コイケ』だけじゃ、何屋さんだかわからなくなるじゃんか。
    いい会社名ってのは、会社名を見ただけで、何の会社か、どんな会社かが
    わかる会社名がいい名前だ。名前は一番短い広告だ。」

私  :「ふーん・・そんなもんかいな。」


・・・そのころは、どうと考えたこともなかったが、今ならよくわかる。

なので小池設備のリフォーム部門に名前を付けるときは、わかりやすい名前にしてみた。


『こいけの親切リフォーム』

お客様目線で、親切に寄り添うイメージです。社員にもお客様にも、弊社の思いが伝わりやすい名前にしてみました。

[PR]

Be ネガティブ・・でいいの?

ネガティブワードには、気を付けて近寄らないようにしている。

以前は普通に自分の口から、ポイポイ出てきていたけども、
「ネガティブワードを使わないようにしよう!」って決めてから、
意識に浸透して行動が変わるまで一年以上かかったなぁ。



意識の変革・・たとえば、これはいいな、取り入れてみよう!
と思ってから意識に定着するまでは、最低3か月。


その先、それほど意識せずとも行動できるようになるにはさらに6か月はかかるんだそうだ。



時間はかかっても、自分は変えられる一つの証拠だと思う。


今更自分を変えようなんて無理?

もう性格だから変えられない?


・・そう考えたあなたは、すでにネガティブワードの虜に。



ネガティブワードは、口から発すると特に効力を発揮する。
周囲の人だけでなく、一番ダメージを受けるのはむしろ自分。

自分の声は、発した口から耳へ。そして、声帯から直接脳へ。


さらに、ネガティブワードをよく使う人は、人のネガティブワードにも敏感。


何の気なしに放った言葉も、自分のネガティブな部分に結ぶ付けて、
自己欺瞞を強化する。

お前は、「自分のことを」こう言った。。。
本人への発言ではなく、世間一般へのうかっと発言したネガティブワードも
我が事としてとらえることができる。



もはや、才能(笑)




・・そんなことないよ。

キミならできる。俺も頑張る。


きっと人生はもっと前向きに動き出すのを待っている。

[PR]

今年の社員研修は?

小池設備恒例の春の社員研修。

今年は、私が2月に受講して大変感銘を受けた『箱セミナー』。何じゃそりゃ!と、よくいわれますが、人は、箱に入ってるよ。って、セミナーです。

私自身、このセミナーは、様々な人間関係の問題を解決するセミナーだと思っています。世界中で受け入れられ全人類が箱の外に居たら、世界平和も夢ではなくなると思います。


それくらい、すごいセミナー。

近年、セミナーもテクニカルなセミナーばかりではなく、『心のあり方』を整えるセミナーが増えて来ましたが、この箱セミナーは秀逸です。

最初は、セミナーが終わったときに、今までの自分が情けなく、気分が悪くなるほどでした。

小池設備の社員のみんなも、多かれ少なかれ人間関係に問題を抱えています。

このセミナーで、何かヒントを見つけてくれたらいいなぁ。。。

[PR]

時間が過ぎるのが年齢とともに早くなっていませんか?

 最近、歳をとるのが早いなぁ・・って思っていませんか?
子供のころの夏休みは、永遠に続くような気がしていましたが、
今は甲子園が始まったらあっという間に決勝戦。

夏はあっという間に通り過ぎるな~と感じます。


人間は平等じゃない。唯一、平等なのは、時間だけだ。時間は、どんな人間にも一日24時間ある。って聞いたことがあります。でも、時間の過ぎる感覚は、人によってまちまちだと思うんです。

これってなんでだろう。


私なりに、いろいろな本を読んだりして、納得できた答えはこれ。


毎日のルーティンワークばかりが自分の時間を占めると、そう感じるんだそうです。

それを防ぐには、日々新しいことにチャレンジすること。
遠足も復路より往路の方が道のり長いでしょ?

自分の経験則では計り知れないことを、
どんどん挑戦することで、一年が長く感じるんだそうです。


歳を重ねるごとに、新しいことにチャレンジをやめ、うーん・・やめるというより、
チャレンジしなくても、なんとなく先が読めるようになって、
トライすることをやめることがあります。

これじゃ、あっという間に歳を重ねてしまいますね。

幾つになっても、どんなことでも、
前向きにチャレンジできる歳を重ねたいものです。

a0050689_8412282.jpg

[PR]

電話・・・

 弊社が初めて電話を引いた時のこと、いまでこそ電話は代表番号を含め、たくさんの電話を引いていますが、当時は0427-54-8035。これが、小池設備の代表番号でした。

 開業当時は、取りあえず自宅の電話を兼用したようです。しかし、「会社という形態をとるのならば、電話が自宅と一緒ではカッコが付かない・・」先代の創業社長は、”カッコ”を大切にする方でしたし、創業期も創業期、まだおぎゃーと産声も上げていないような時期でしたので、経営の判断は必要か不要か?より、「ふつう会社って言ったらこれが必要だよな?」というのが判断基準だったのです。

 当時は、電話を引くのに権利金が必要で、それは40期を迎えた今でも会社の資産として、帳簿にも残っています。いまでは、資産価値などないに等しいのですけどね・・。

 いよいよ、電話線の工事が終わり、電話は通じたものの、、、こちらからかける専用電話のようなものだったようです。それはそうですよね。何の広告をするでもなく、会社の看板が店の前に掲げられているだけ・・


 待てど暮らせど、電話が鳴ることもなく、3か月後に初めてかかってきた電話は思わず、ベルが鳴ってもしばらくは何の音か、気が付かなかったほど。

 その時に電話を受けた母親は、晩年でもその喜びを忘れないと、言っていました。


 今では、小池設備で電話の鳴らない日はありません。時には今の仕事が忙しくて、電話が鳴るとうんざりすることもあります。しかし、「初めての電話」の気持ちを思えば、どんな電話も大切な電話であることを気づかせてくれます。

[PR]

社員の集合研修

午前中は、年に一度の全社員・協力業者の健康診断を行いました。例年ですと、午後はお花見BBQ!ってことになっていましたが、今年は趣向を変えて、社員の集合研修を行いました。

SIC相模原産業創造センターの古賀さまとクレドパートナーの岡田さまのご協力を得て、「マインドアップ研修」です。

a0050689_13104896.jpg


社員みんなの夢、そして会社の夢、それぞれが相乗効果をもたらし、それぞれの仕事が会社全体にどういう影響を及ぼすのかを気づくための研修です。

第1回目の今日は、まずは自分自身の夢を再確認するところから。
[PR]

長野県伊那市の下水道マンホール

長野県伊那市に来ました。このマンホールは、「伊那節の街」と町のスローガン(?)が入ってるんですね。おもしろい。

昔の伊那の原風景だったのでしょうか?切り紙風の作品です。

また、周囲がギザギザになっているのも、珍しいと思いませんか?

a0050689_13165151.jpg

[PR]

石川県加賀藩

 石川県は加賀市の下水道マンホールです。最近では、レディ加賀のまちおこしで有名ですよね。

a0050689_13321931.jpg


ひよこのマークはどこから来たのか・・そして、どこへ行こうとしているのか?加賀の動きに注目しています。
[PR]

神奈川で大雪・・・

 冬ももう終わり、ようやく待ちに待った春が!・・・と思って油断していました。

突然の大雪です。

a0050689_13352736.jpg


20cm位積もったでしょうか?私の愛車も、雪に埋もれてしまいました。

こんな日は、仕事を止めて休みにしたいところですが、明日の朝からしっかりと行動できるように、車両や道具の整備、周辺の雪かきなど、やることはたくさんあります。

それにしても降りすぎ・・orz
[PR]

小泉進次郎氏に遭遇

 今日は、青年会議所の賀詞交歓会で、同じ神奈川にある三浦青年会議所様の賀詞交歓会にお邪魔をしてきました。神奈川県内の多くの仲間にあえてうれしかったこともさることながら、会場に来賓で小泉進次郎氏がお見えになっていました。

 小泉氏は、横須賀青年会議所の現役メンバーでありますが、今日は衆議院議員 来賓としてお見えでした。普段から、彼の言動には注目していますので、この機会にとばかりに早速名刺交換など・・。

 

a0050689_21182372.jpg


 現役国会議員には、JC(青年会議所)議連があり、現在、ほとんどのJC議連は与党で成り立っているそうですがその会長に与党サイドから推されているとの事。

 ぜひぜひ、青年会議所の若い世代の声を国に届けてもらいたいと思います。
[PR]

結露?

 相模大野のお客様より、「3階の部屋の天井から水が流れてきた!」とご連絡を頂きました。よく話を聞いてみると、4階も天井換気扇付近から水が漏れるとの事。

 セオリーからすると、古今東西、水は高いところから引くところへ流れますので、5階の部屋から漏水している可能性が高いです。

 早速伺って、5階の部屋から調べてみましたが、ユニットバスの点検口、流しの点検口、洗濯機の床下点検口を覗いても、床はおろかコンクリートのスラブでさえ濡れた形跡がありません。

 おかしいなぁ・・と思いつつ、4階のお部屋を訪問し、見せてもらいました。確かに、天井換気扇付近が湿っていますが、多少の結露程度・・ユニットバスの点検口を開けてみると天井内には、水にぬれた個所がありますが、その上のスラブは濡れていません。つまり、水の発生源が見当たらないのです。

 築30年ほどの賃貸マンションですが、ユニットバスのすぐ隣に屋内給湯ボイラーもあり、ひょっとして結露水がたまったものではないかと考えています。

 現状では、水も引いてしまっているので、しばらく様子を見てみます。

a0050689_16484091.jpg

↑ユニットバスの天井内は、一部湿った個所がありましたが、スラブには全く濡れた形跡がありません。
[PR]

恒例の新年会

 昨日は、恒例の小池設備の新年会を行いました。場所は、相模原市清新にあるエビフライで有名なとん平さんです。(とはいえ、毎年あいさつで忙しくて席についてゆっくり食事をできないのですが・・)

 弊社で、水回り、空調工事を担当させて頂いたご縁で、ここ数年新年会はとん平さんにお世話になっております。小池設備の新年会は、顧客をお招きせずパートナー企業様と、ご協力頂いている業者様そして社員で行います。毎年少しずつご出席いただける方が増え、今年はとん平さんの3階の宴会場はほぼ満席でした。

 皆さんもお正月で、お忙しいでしょうにありがたいことです。

 なかなか、現場ではお会いできない方とも会え、先輩経営者からは経営に関する助言を頂いたり、「期待している!」とエールを頂いたり、とても有意義で勇気を頂けた時間でした。

a0050689_1057376.jpg


 本年は、いろいろなことに挑戦する一年として行きたいと思います。
[PR]

仕事始め

 本日より、相模原の小池設備は通常営業となります。とはいえ、夕方より毎年恒例の新年会がありますので、17時は閉店となりますが・・

 今朝は、少し長めの朝礼で、私からは世界主要国の首相が変わる可能性がること、ユーロや中国の経済情勢が不安定な件も踏まえ世界全体が変わろうとしている旨お話しし、だからと言って小池設備の根幹は変わらず一つずつ着実に現場をこなさなくてはならないというお話をしました。

 また、社員全員から今年の目標、もしくは座右の銘を決意表明とともにお話しいただきました。

 社員各自からは、様々な決意、座右の銘が飛び出し、それぞれの価値観や人生観が改めて見えてきた感もありました。

 小池設備は、本年40周年を迎えます

 人間でいえば、青年期を過ぎいよいよ人生で一番脂ののった時期に差し掛かります。周年を機に、心を引き締めてより地域の方々に選ばれる水道工事店として、頑張ってまいります。

 本年一年間もまたどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]

藤沢の実家へ

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

今日は、嫁さんの実家に新年のご挨拶に伺いました。久しぶりにのんびりとしたお正月を満喫しています。

[PR]

早速、修正しました!リフォームのHP

 先日のIT講習で、得た知識を早速実践。相模原を起点にこいけの親切リフォームのHPをリニューアルしました。

 まぁ、大した修正でもないのですけど、少しずつ対策を練っていけるといいなぁ。

 いよいよ今週で年末を迎えます。水道工事の小池設備は12月29日まで営業します。が、すでに31日まで1/3の社員が出社予定。忙しいのはいいことですが、社員が体を休める暇が取れないのも問題です。年始は、6日から営業します。

 お取引の長いお客様には、私以下課長、現場主任までそれぞれのカテゴリーごとに携帯電話の番号を公表しています。これは、休み中の緊急事態に対応するためです。何事もないといいのですが・・。

[PR]

冬のボーナス

 今日は、クリスマスイブ。学生時代なら、そわそわして今日は仕事にならなかったろうなぁ。もうすぐ40歳を迎えるようになると、クリスマスもあまり興味がなくなる・・というか、楽しみは子供達の喜ぶ顔くらいかなぁ。

 小池設備は、毎月25日が給料日ですが、今年は25日が日曜日ということもあり、前日の今日社員にお給料をお渡ししました。12月ですので、ボーナスも一緒です。

 あまり多いとは言えませんが、ボーナスと名前が付けば嬉しいものですかね?

 夕方からほぼすべての社員に給料明細とボーナス明細書を手渡しし、一人10分を目安に一年を振り返って話をしました。社員一人ひとりは、それぞれ良かったことやうまく出来なかったことを一生懸命に語ってくれました。

 良く出来た部分はほめ、うまくいかなかった部分について一緒に問題点を探ってみました。その改善点については、正月中にそれぞれ考えて来年の目標にしてもらうことにしました。

 現在30名弱の社員がいるうえ、人によっては、20~30分話してしまうこともあり、一人10分とはいえかなり時間を費やしましたが、一人ひとり丁寧に今思っていることを引き出すことが出来たので、とてもよかったと思います。

 また、来年に向けて、いいスタートが切れそうです。

[PR]

冬休みの学校工事

 おとといから、市内の小学校・中学校がお休みになりましたね。うちの子供たちも通信簿の「二重丸が増えた!」とか、「三角が無かった!」と言って喜んで帰ってきました。

 小中学校の工事と言えば、夏休み中がメインの工事になりますが、ちょっとした改修工事や、特にプール関連の工事は冬に行われることが多いです。

 相模原市に拠点を置く小池設備では、現在の受注状況として相模原市南区鶴園小学校の給食室改修工事・同じくプール改修工事・大野小学校の雨水設備の修繕工事を相模原市より請け負っています。

 の給食室改修工事・同じくプール改修工事・に関しては、二つの工事が同時進行中ですが、どちらも工期が今年度末までです。

 小中学校の工事は、特に大きな音や振動の出る工事は、学業の妨げにならぬように夏・冬休み中に行ってしまうのがセオリーです。今年の冬休みも忙しくなりそうです。

[PR]

ITの講習を受けています

 市内の経営者仲間からお誘い頂いて、IT講習を受けています。最近ブログの更新もサボりがちで・・・これを機に、改めてITについて考え直そうと思います。

 FBやツイッターたくさんのツールがありますね。

 とても勉強になります。

[PR]

三重県知事 鈴木英敬氏

9月1日号の相模経済新聞の「ですくめも」・・コラム欄だが、毎度の辛口トークが楽しみで拝見している。

今回は、経済産業省出身で、三重県知事に当選、就任した鈴木英敬君を取り上げていた。彼は、三重県知事就任後即座に三重県の「営業本部」を設立してその営業本部長にも就任している。

つまり、県知事自ら県産品等をアピールする前宮崎県知事の東国原氏の手法を仕組みとして取り入れたわけだ。

相変わらずの行動力には頭が下がる。現在37歳。JCメンバーも含めて日本中にはまだまだ逸材がいる。そうした彼らがどんどんとこのまちを動かしていることに改めて刺激を受けるとともに、まだまだ頑張らなくては!とも思う。


05年に鈴木英敬さんとお会いしてからすでに、6年。

http://watowa.exblog.jp/3615424/ 久しぶりに自分が委員長だった際の委員会ブログを見て、ずいぶんと時が経ったなぁと思う反面、あの頃と大して変わらぬ自分にいらだちも覚えた秋。

[PR]